トップ > 居酒屋 起業 > 居酒屋 起業= 居酒屋は手軽に起業できるように思われているかもしれません。

居酒屋 起業

独立・起業をお考えならフランチャイズ比較ネットで徹底比較!

飲食関連のフランチャイズ情報をみると、居酒屋で起業するにも参考になる事例を見つけられます。
たとえば、「年収1400万円以上可≪隠れ家個室×低客単価の新業態居酒屋≫ライセンス提供」といった情報などもあります。
今すぐみたい方はこちら▼
クリック♪飲食・移動販売・弁当業界で独立しよう!【アントレnet】

さて、居酒屋業界は、昨今のきびしい経済環境の中でも検討している業種でしょう。

フランチャイズ(FC)展開をするチェーン店も伸びています。

多店舗展開による規模のメリットを生かして、食材やお酒を安く大量に仕入れ、

価格を抑えた居酒屋が増えているのです。

とはいえメニューや店舗コンセプトの多様化が進んでいて、低価格型だけではなく、

質の高い食材やサービス、凝った内装などをウリにする

高価格型店舗も人気を集めています。

居酒屋の起業や独立開業は、他の外食産業と比べても

特殊な接客ノウハウが求められます。

また、グループや団体で訪れたお客様が楽しめるような

空間を提供するための店舗の内装が重要です。

居酒屋では、泥酔したお客様への対応も必要となりますから、

酔ったうえでのトラブルに対処する場面も当然出てきます。

ですから経営者には、トラブルに対する危機管理能力が必要となってきます。

年末の忘年会シーズンなどに売り上げが集中する傾向があるので、

利益管理や従業員の配置などの経営能力も問われてきます。

また、飲み屋の開業では、深夜に酒類の販売を行なう場合、

「深夜酒類提供飲食店営業」として公安委員会への届け出も必要になるなど、

法律上の手続きも必要になります。

また、どこに立地するかという判断が極めて大事です。

立地場所としては、人通りの多い繁華街が最もふさわしいといわれています。

傾向としては人口や勤務する人が増加している場所が望ましいでしょう。

通りの並びと向かい側に競合店が密集していない場所を選ぶのも重要です。

フランチャイズに関してですが、地域の独自性を生かしながら、

マニュアルに基づいた均一的なサービスを提供しており、

フランチャイズで起業すればこうしたノウハウを得ることができます。

また、フランチャイズ店では、社員独立制度が充実しています。

本部の社員として経験を積んでから、加盟店として独立することを支援する制度です。

最近では、フランチャイズであっても、オリジナルメニュー、

目玉商品の開発が可能な場合が多くなってきています。

また本部では、全国の地酒やオリジナルドリンクなどの

アルコールメニューの差別化を進めていることも多く、

ブランドイメージを保ちながらも、

店内の造りや料理などに特色をもたせることができるフランチャイズもあります。

更に店舗を運営していくうえで必要なものは

各本部がノウハウとして提供してくれるので、

飲食業界が未経験の方、脱サラや個人の方でも独立開業が可能です。

そして開業前から、顧客から信頼を得る方法や、リピーターを作る方法まで店舗経営など、

専門スタッフが幅広くサポートしてくれます。

飲食店の開業にあたっては、他の外食店に比べても、

各種行政機関への手続きがより多く必要になる場合が多いです。

起業時にはまず、営業許可を所轄保健所の食品衛生課に申請しなければなりません。

食品衛生法では、各店に1人、食品衛生責任者を置くことが義務づけられていますが、

食品衛生責任者となるには

調理師、栄養士、製菓衛生師などの資格が必要になってきます。

フランチャイズの場合はこうした各種の許認可の手続きについては、

本部から的確なアドバイスが得られる場合が多いです。

またもう一つ重要な事ですが、アルバイトなどの従業員が

店で働くことに誇りをもたせることが、成功のカギを握るといわれています。

現場に権限を委譲することも大切です。

日常のこまごまとした判断はアルバイトに任せ、

最終的な責任を経営者がもつようにしましょう。

「自分たちが現場を任されている」という自覚をもたせるのが肝心なのです。

成功している飲み屋には、就業意欲や報奨制度をもたせるような制度を

設けている店舗も珍しくありません。

具体的には、皆勤・精勤手当などのような報奨制度です。

店の利益の一定割合を分配するといった利益分配制度があれば、

従業員の意欲は高まります。

最後に、飲食関連のフランチャイズ情報のリンクを掲載しておきます。
もちろん、居酒屋関連では「年収1400万円以上可≪隠れ家個室×低客単価の新業態居酒屋≫ライセンス提供」といった情報もありますので、どうか参考にしてください。
クリック♪飲食・移動販売・弁当業界で独立しよう!【アントレnet】

……この記事の全文をみる
独立・起業をお考えならフランチャイズ比較ネットで徹底比較!

居酒屋 起業
居酒屋は手軽に起業できるように思われているかもしれません。

≪ 旅行会社 起業 | トップページ | ネイルサロン 起業 ≫

*****【独立起業情報局】コンテンツ抜粋*****
●アパレルやファッションで独立起業したいという夢は時代を超えた普遍なものかもしれません。・・・    ●インテリアコーディネーターで独立するということは…。・・・    ●オーストラリアでの起業にはどんなやり方があるのでしょう。・・・    ●シンガポールには多くの起業支援プログラムがあります。・・・    ●セブンイレブンはコンビニのフランチャイズ。独立・開業の検討するにあたってはメジャーな選択肢かもしれません。・・・    ●デイサービスの起業や開業は「コンクリートから人へ」の流れの中で注視すべき選択肢だと言えます。・・・    ●トリマーで独立といっても、お店を開業する場合とフリーランスのトリマーとして活動する場合があります。・・・    ●ネイルサロンの起業は比較的小資金でスタートできるようです。・・・    ●ハワイで起業というとちょっと夢を感じますよね。・・・    ●不動産会社を起業するにしても不動産管理か仲介かなどによって備えが異なります。・・・    ●福祉(介護)タクシー=福祉輸送事業限定(4条限定許可)で起業するにはまず二種免許が必要になります。・・・    ●土地家屋調査士で独立するには資格試験に受かるだけではダメ。・・・    ●失業保険の受給は起業した場合にはどうなるのでしょう。・・・    ●居酒屋は手軽に起業できるように思われているかもしれません。・・・    ●広告代理店の起業に特に許認可などは必要ありません。・・・    ●旅行会社を起業するにもいくつか種類があり、必要な資金も変わってきます。・・・    ●木工で独立するのはそう容易くありません。一般には木工の訓練校での修行がひとつの入口になります。・・・    ●歯科技工士で独立するには、まず、所管の保健所への開設届が必要になります。・・・    ●派遣会社の起業にはいろいろと厳しい規程があります。・・・    ●独立開業にあたって助成金が出るケースがあります。それは…。・・・    ●理学療法士で起業するといってもリハビリステーションを開業するのとフリーの理学療法士になるのとではまったく違います。・・・    ●社会保険労務士で独立して成功をおさめる…そう誰にでもできるものではないようです。・・・    ●美容師の独立…通常、これはつまり美容室の開業になります。・・・    ●花屋というのは独立開業しやすい職業かもしれません。・・・    ●薬剤師として独立というと調剤薬局の開業が一般的です。・・・    ●起業のきっかけは十人十色。・・・    ●起業したくてもアイディアが浮かばない(T_T)…。成功した企業家のアイデアとは?・・・    ●起業にあたって資金の借入が必要になるケースもあります。・・・    ●起業することで補助金が出る地域や業種があるようです。・・・    ●電気工事士の資格があるからといって誰もが独立できるわけではありません。・・・   
IT用語