トップ > 木工 独立 > 木工 独立= 木工で独立するのはそう容易くありません。一般には木工の訓練校での修行がひとつの入口になります。

木工 独立

独立・起業をお考えならフランチャイズ比較ネットで徹底比較!

まずは職業訓練校ですね。

木工科、木材工芸科などで1年間訓練を受けられます。

しかし最近は木工科が減っているとの事。

良く調べてみた方がいいですね。

この1年間はあまりにも短い時間です。ですから漫然と通うのではなく、

この一年間で家具が作れるようになるためには、今何をすればよいのか、

そして、来月はどうすればよいのか? 

半年後にどこまで到達していなければならないのか? 

ということを徹底的に考えて分析し、自分なりの年間スケジュールを決め、

それを一つずつこなしていくことが重要です。 

 

卒業後のことですが、すぐ独立する人もいますし、

家具工房で数年修業をしてから独立する人もいます。

独立することは簡単です。学校出たてですぐ独立も可能ですが、

なかなか風当たりも強く、大変なことは大変です。

しかしその大変さも、貴重な経験となり、大きく成長できることもあります。

とはいえ、多くの人が、いわゆる修行という形で工房で勉強しながら、

販売など色々なノウハウを学び独立する方法を選択するようです。

 

どちらにしろ独立までに必要な事は何でしょう。

これはもう木工技術の取得と、独立に必要な資金の調達以外ありません。 

しかし、これは努力すれば達成できるものですね。  

木工技術については、とにかく職業訓練校で学ぶ一年間に自分の全精力を傾けて、

必至で技術を習得するしかありません。 

また資金調達に関しては、なるべくなら借金スタートをしなくて良いように

充分な計画を立てなければなりません。 

木工というものは収益を上げるまでにある程度の時間がかかるので、

黒字転換までの目標年月を設定し、

その間はストックでつなぐことができるような資金計画で、

全て自己資金でまかなうことができれば理想です。

 

とはいえ、最も気になるのが独立資金の問題だろうと思います。  

資金については各自のおかれた環境や、どのようなものを作るかによって様々ですので、

一概にこれ・・・ということは難しいのですが、

大型機械に関しては、新品を買うのはなかなかむずかしいので、

程度の良い中古機械を探してみるのも一つです。

木工業界も不況ですので廃業する木工所も多く、

中古機械の出物は比較的多いと思います。  

次に電動手工具、手工具と必要なものを揃えていかねばなりません。

機械や道具全般に言えるのが、その機能、能力によって発生する時間コストの差です。

品質の高い良いものを作るのは当たり前で、

一番大きな問題は、高品質のものをいかにすばやく作るかということが

大変重要な課題なのです。

その為には、まずは機械の能力をよく熟知しておく必要がありますし、

自分の目指す家具作りには、どのような能力の機械がベストなのかということを

訓練校の時代に必死で考えておく必要があります。  

しかし、このようなことはなかなか分かりません。

そこで工房訪問がとても重要になるのです。  

工房を訪問して、先達から生の情報を教えてもらい、

それを自身の計画に盛り込んでいくと失敗が少なくなるはずです。

そして、必要な機械が絞り込まれたなら、絶対に妥協しないことです。  

ここが、最も悩ましく、また決断の要るポイントですが、

良い機械は価格が高いのです。  

当たり前ですが、程度の良い機械はやはり高いのです。  

それでも絶対に妥協すべきではありません。  

もし、資金が乏しければ、アルバイトなどをしてでも資金を調達して、

目的の機械を手に入れる方が良いと思います。  

資金の範囲内で機械を妥協し、開業を急ぐと後悔することになりかねません。 

開業は誰にでもできますが、それをずっと継続し、

また、発展させていくことは容易ではありません。  

利益を上げないと、機械のメンテナンスもでままならない状況になりますし、

ましてや新しい設備投資など全くできなくなります。  

設備投資をしないと、新しい技法に挑戦し、作品をより魅力的にしていくような試みも

困難なものとなりますからね。 


さあ機械は揃いました、でも、電気がないと動きません。  

200Vの引きこみ工事費もかかってきます。  

続いて工房ですが、これは千差万別ですので、各自お見積もりください。  

 

さて今度はさらに重要な材料を買わなければなりません。

なぜなら、独立後は、とにかく各種サンプルを作らなければならないからです。

 

ここで最も重要な問題が出てきます。  

当たり前なのですが、当座の生活費が必要ですね。  

独立してすぐはサンプルの作成が主になります。  

もちろん、ご注文もいただけるでしょうが、

それを当てにしていると必ず資金がショートすることとなります。  

そこで、重要なのが自分自身に課した目標です。  

投資資金をどのくらいで回収するのか?  

損益分岐点をどの位置に持ってくるのか?  

その為には、固定費がいくらで、変動費がいくらで、減価償却をどうするのか? 

などということを一つ一つ詰めていく必要があります。  

これをすることで、半期ごとの、あるいは年間の目標が予算と言う形で数値化できます。

 

そして事業計画が建ったならば、どこで、

どのくらいの利益を目標とするのかということがはっきりします。  

そうすれば当座の生活費としてどのくらいが必要なのか? 

という数字は計算できます。  

簡単に言うと一年間は一つも家具が売れなくても、収入がゼロでも、

生活ができるための資金をためておく必要があると思います。

但し、途中でバイトして資金をためてもう一度みたいなことは止めた方がいいです。

アルバイトをすると、その間は作品を作ることができませんし、

お客様と商談をすることもできません。  

そして、バイトで少しの資金を作り工房を再開したときは、

またゼロからのスタートとなります。 

ソレをやり始めると悪いスパイラルに陥る可能性が非常に高くなります。

ですから、資金に乏しい方は、今アルバイトをして十分な資金をためることをお勧めします。

 

木工は、作るよりも売るほうが困難です。 

多くの木工は、販売ルートをどのように開拓していくのかが命題となります。 

また、どれほどの技術を駆使しても、

お客様がそれを必要としていなければ意味がありません。

ここがアーディストとの違いです。  

作品としては優れているかもしれませんが、商品価値はゼロです。  

木工を生業にするということは、そういうことです。 

ものを作るだけではなく、優秀な営業マンであり、プランナーであり、

デザイナーである必要があるのです。  

決して技術のみに囚われないよう、一年目は一年目に持ちうる技術を総動員して、

魅力的な家具を適正な価格でお客様に提供するという努力を続ければ、

自ずから道は切り開けるのではないかと思います。  

 

 

……この記事の全文をみる
独立・起業をお考えならフランチャイズ比較ネットで徹底比較!

木工 独立
木工で独立するのはそう容易くありません。一般には木工の訓練校での修行がひとつの入口になります。

≪ 美容師 独立 | トップページ | トリマー 独立 ≫

*****【独立起業情報局】コンテンツ抜粋*****
●アパレルやファッションで独立起業したいという夢は時代を超えた普遍なものかもしれません。・・・    ●インテリアコーディネーターで独立するということは…。・・・    ●オーストラリアでの起業にはどんなやり方があるのでしょう。・・・    ●シンガポールには多くの起業支援プログラムがあります。・・・    ●セブンイレブンはコンビニのフランチャイズ。独立・開業の検討するにあたってはメジャーな選択肢かもしれません。・・・    ●デイサービスの起業や開業は「コンクリートから人へ」の流れの中で注視すべき選択肢だと言えます。・・・    ●トリマーで独立といっても、お店を開業する場合とフリーランスのトリマーとして活動する場合があります。・・・    ●ネイルサロンの起業は比較的小資金でスタートできるようです。・・・    ●ハワイで起業というとちょっと夢を感じますよね。・・・    ●不動産会社を起業するにしても不動産管理か仲介かなどによって備えが異なります。・・・    ●福祉(介護)タクシー=福祉輸送事業限定(4条限定許可)で起業するにはまず二種免許が必要になります。・・・    ●土地家屋調査士で独立するには資格試験に受かるだけではダメ。・・・    ●失業保険の受給は起業した場合にはどうなるのでしょう。・・・    ●居酒屋は手軽に起業できるように思われているかもしれません。・・・    ●広告代理店の起業に特に許認可などは必要ありません。・・・    ●旅行会社を起業するにもいくつか種類があり、必要な資金も変わってきます。・・・    ●木工で独立するのはそう容易くありません。一般には木工の訓練校での修行がひとつの入口になります。・・・    ●歯科技工士で独立するには、まず、所管の保健所への開設届が必要になります。・・・    ●派遣会社の起業にはいろいろと厳しい規程があります。・・・    ●独立開業にあたって助成金が出るケースがあります。それは…。・・・    ●理学療法士で起業するといってもリハビリステーションを開業するのとフリーの理学療法士になるのとではまったく違います。・・・    ●社会保険労務士で独立して成功をおさめる…そう誰にでもできるものではないようです。・・・    ●美容師の独立…通常、これはつまり美容室の開業になります。・・・    ●花屋というのは独立開業しやすい職業かもしれません。・・・    ●薬剤師として独立というと調剤薬局の開業が一般的です。・・・    ●起業のきっかけは十人十色。・・・    ●起業したくてもアイディアが浮かばない(T_T)…。成功した企業家のアイデアとは?・・・    ●起業にあたって資金の借入が必要になるケースもあります。・・・    ●起業することで補助金が出る地域や業種があるようです。・・・    ●電気工事士の資格があるからといって誰もが独立できるわけではありません。・・・   
IT用語