独立・起業情報局:トップ > 電気工事士 独立
電気工事士の資格があるからといって誰もが独立できるわけではありません。
独立・起業をお考えならフランチャイズ比較ネットで徹底比較!

電気工事士 独立

電気工事店の独立に必要なのは、主任電気工事士です。

これは工事店の各店舗に1名ずつおかなくてはいけないことが、

電気工事業法で定められています。

主任電気工事士の資格というのは、

「第一種電気工事士」もしくは「第二種電気工事士の免許を取り、実務経験3年以上」の、

いずれかを条件として主任電気工事士になれます。

経営者が持つ必要はないので、主任電気工事士を雇うという形にして、

自分は集客に専念といった電気工事店の起業方法もありますが、

最初から人を雇っていくのは難しいでしょうから、自分でやるのが普通でしょう。

ですから電気工事店の独立・起業を考えている人は、第一種電気工事士を取るか、

第二種電気工事の資格を取った後に、どこかの工事店で3年間修行に励みましょう。



なお、開業の手続きなどは、各都道府県の電気工事工業組合などに聞けば、

手順や必要な書類を送ってくれるはずです。

先に相談して、その他の条件なども聞いておいた方が間違いないと思います。

ちなみにこれは電気工事業法に基づく登録による開業の仕方です。

独立・起業をお考えならフランチャイズ比較ネットで徹底比較!
IT用語