独立・起業情報局:トップ > 独立 助成金
独立開業にあたって助成金が出るケースがあります。それは…。
独立・起業をお考えならフランチャイズ比較ネットで徹底比較!

独立 助成金

起業・独立するためには、店舗や免許など、

いろいろと準備が必要になります。

とはいえ、まずは資金の事がクリアにならなければ難しいですよね。

運転資金が全くないような状態で、

事業開始というのは非常にリスクのある状態だと思います。

ですから運転資金分まで、貯めてから起業するという方法もあるでしょう。

しかし、すべて自己資金で賄うというのは、かなり非現実的でもあります。

 

そこで融資ということになるわけです。

しかし、起業直後は何の実績もないのは当然です。

当然ではありますが、銀行などは実績のない起業家に

融資を実行してくれることはまずありません。

 

しかし国が起業家支援のために様々な助成金制度を用意してくれています。

しかも、助成金の返済は不要なのです。

要件をクリアしている場合、利用しない手はありません。

その要件を備えた起業の場合に、支給される助成金には以下のようなものがあります。

 

中小企業基盤人材確保助成金

   設備投資に300万円以上使い、年収350万円以上の人材を雇い入れた場合、

   その人の1年目の年収から140万円分を補助してくれる助成金。

 

受給資格者創業支援助成金

   失業手当てを受給中の人が、起業する場合には、

   200万円を限度として設備投資にかかった金額の3分の1を補助される助成金。

 

高年齢者共同就業機会創出助成金

   45歳以上の方3人以上で起業した場合、

   500万円を限度として設備投資にかかった金額の3分の2を補助される助成金。

 

賢く利用して、起業の一助にしてみては?

独立・起業をお考えならフランチャイズ比較ネットで徹底比較!
IT用語