独立・起業情報局:トップ > ネイルサロン 起業
ネイルサロンの起業は比較的小資金でスタートできるようです。
独立・起業をお考えならフランチャイズ比較ネットで徹底比較!

ネイルサロン 起業

 

ネイルは、技術習得も比較的容易にで、開業も小スペースから開業できる為、

女性の独立開業にぴったりな起業・開業方法と言えます。

まだまだ、女性市場が大きく占めていますが、男性のネイル需要も伸びつつあります。

ネイルサロンの市場は、まだまだ伸びている段階で、

女性の独立開業のみに留まらず、ヘアサロン、

その他業種から、新規参入が多くある業種です。

 

それでは実際の売り上げはどのくらいなのでしょうか。

ネイリスト一人当たり、50万円~130万円前後というのが、現在のネイル市場です。

ネイルサロン1店舗あたり、2名から3名あたりが平均規模なので、

ネイリストの数を掛けるとだいたいの売上となります。

店舗規模に関してはネイリストの人数で、店舗規模が決まりますが、

当然ながら、大きな物件は必要ありません。

それでは収益性はどうなのでしょうか。

基本的には人件費+材料費+地代が主な経費となり、収益性は大きく望めませんが、

流行の追い風に乗れることから、拡大がしやすい業種といえます。

 

全体的に見ると、まだまだ創成期なだけあって、大きな規制や資格なども特になく、

とても開業しやすいと言えます。

趣味程度でネイルサロンの独立をするよりも

やはりネイルの技術をスクールなどでしっかり身につけることで

サロンの独立後が大きく変わってくることでしょう。

先述しましたが、ネイリストになるには国家資格は必要ありません。

しかし「ネイリスト検定」というものがあります。

これを取得していることはその後の経営にとても重要なことです。

この資格を取るのは独学では少し難しいので

やはりスクールに通ほうがいいかもしれません。

独学ではなくしっかりスクールで技術を学んで人気のあるサロンにすることが大切です。

技術を学んだらすぐにサロンを開業してももちろんいいでしょう。

しかし、一度どこかのサロンで働いて実績を積んでから

サロンを始めるというステップをふむと流れがわかるのでいいかもしれません。

独立・起業をお考えならフランチャイズ比較ネットで徹底比較!
IT用語