独立・起業情報局:トップ > 理学療法士 起業
理学療法士で起業するといってもリハビリステーションを開業するのとフリーの理学療法士になるのとではまったく違います。
独立・起業をお考えならフランチャイズ比較ネットで徹底比較!

理学療法士 起業

理学療法士の起業を考える際に、

保険診療の枠を越えた自由診療での起業も選択肢の1つとなります。

しかし,多くの先進国において理学療法士は

医療保険上の開業権を獲得しているのに対して、

日本では認められていません

そのため,日本では「理学療法士資格をもった一国民」として起業することになり、

理学療法を行うと標榜することはできない.

実際,臨床で用いるコンセプトはオステオパシーやボディーワークにまで至っており、

理学療法との違いを明確にすることは難しい状況です。

しかし、特に運動器疾患の分野においては、

クライアントが早期に社会復帰できるよう理学療法士が

イニシャティブをとって活動することが、

住民の健康に寄与する社会貢献の1つになると考えることもできます。

自由診療での起業については、いわゆる通常医療ではなく、

コンディショニングとして補完代替医療の手技とボディーワークに基づく方法の

一部を提供することにならざるおえません。

 

つまり理学療法士の起業の業務内容はというと

訪問介護ステーションの経営、コンサルタント、起業支援、研修会運営、

コンディショニング、トレーナー、治療院経営といったところがほとんどです。

 

ですから理学療法士が理学療法士として開業できないのであれば、

医者を雇ってしまうというのはどうでしょう?

その医者の指示において、理学療法を行う事はできないのでしょうか?

やはり無理ですかね・・・

独立・起業をお考えならフランチャイズ比較ネットで徹底比較!
IT用語