独立・起業情報局:トップ > 失業保険 起業
失業保険の受給は起業した場合にはどうなるのでしょう。
独立・起業をお考えならフランチャイズ比較ネットで徹底比較!

失業保険 起業

勤めていた会社を辞め、起業を考える場合、失業保険をもらいながら起業の準備を、

と考える人も多いことでしょう。しかし、実際は、起業の準備をしているなら、

失業保険は貰えないことになっています。

失業保険は、あくまで「雇ってもらうしか生活できない人」を救済するのが目的なので、

自ら事業を起こすことが出来、雇ってもらう必要がない人には支給して貰えないのです。

では、自己都合での退職で、失業保険が支給されるまでの

3ヶ月間の待機期間は貰えるのでは?と思うかもしれませんが、

待機期間も、起業の準備をしているなら、就職する意志が無いとみなされ、

待機期間が過ぎても失業保険は貰えないことになります。

起業し事業から収入を得ている場合、仮に利益が出ていなくて赤字だとしても

役員になった時点で雇用保険の取得資格は喪失します。

手続を忘れて失業保険を受給している場合は、

その間の受給額を返金しなければいけません。

ただ、あくまでも、客観的に起業の準備をしている、とみなされた場合に限ります。

開業届を出したり、会社設立登記の作業などを行っていることが知られると、

失業保険は貰えなくなります。このため、失業保険を貰いたいなら、

定期的にハローワークへ行き、職探しをするなど、

就職する意志があるように見せればよいわけです。

見せかけだけの失業状態でも、失業保険を貰うことは可能、

と言うわけですが、万が一、密告などで起業の準備をしていることが知られれば、

法的に罰せられる恐れもあるので注意が要ります。 (ちなみに密告は結構あるようです。)

しかし、起業を考えるなら、あまり失業保険は当てにせず、

やはり初めから前向きな起業の準備に取り掛かるべきでしょう。

または、あせらず、スケジュールを立てて失業保険受給終了後に起業を考える、

という形もあります。当面の生活も考えて、

長期的に起業の計画を立てることも一つの方法、と言うわけです。

独立・起業をお考えならフランチャイズ比較ネットで徹底比較!
IT用語